太らないのか? | プレモンは優秀な女性ホルモン薬として注目を浴びています

太らないのか?

太らないのか?

「太らないのか?」のフォトイメージです。

よくテレビなどいろんなメディアにおいて、ホルモン剤を使うことで太ってしまう?ということがいわれていたりしますよね。
太ってしまうことは女性にとっては絶対に避けたいところだと思いますので、プレモンを使いたくても使わない人がいると思います。
ではプレモンに含まれるエストロゲンは、女性の体を太らせてしまう原因となってしまうのか?

まず結論からいうと、プレモンを使うことによって太るなんてことはありえません。
ただし女性ホルモンが影響して太るというのは事実です。
そうなると矛盾しているように思うかもしれませんが、他の記事でも話したように女性ホルモンには2つ存在しています。
その2つのホルモンというのはエストロゲンとプロゲステロンです。
プレモンにはエストロゲンと呼ばれるホルモンが含まれていますが、プロゲステロンは含まれていません。
女性が太る原因となるホルモンはプロゲステロンのみになるので、エストロゲンしか入っていないプレモンを使っても特に太るようなことはありえないのです。
だから安心して太ることを気にせずに、プレモンを使い始めることができるでしょう。

一方でプロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれるもので、この女性ホルモンが分泌されていると肌の調子が悪くなったりイライラしやすくなります。
またプロゲステロンは、妊娠ホルモンとも呼ばれています。
なぜかというと、妊娠することで多く分泌されやすくなるからです。
プロゲステロンは妊娠に備えて水分を体内で貯蓄しようと働き、さらに皮下脂肪を増やす作用があります。
だからプロゲステロンが増えると、女性のほとんどは太ってしまうということです。