危険性はあるのか? | プレモンは優秀な女性ホルモン薬として注目を浴びています

危険性はあるのか?

危険性はあるのか?

「危険性はあるのか?」のフォトイメージです。

プレモンと呼ばれる女性ホルモン薬には、副作用が出てくることがあります。
当然医薬品はすべて副作用がつきものなので、あなたもプレモンを使う際には気をつけないといけません。
もしも副作用の症状が見られるようであれば、早めに病院へ行くようにしてほしいと思います。

では具体的にプレモンからどのような副作用が出てきてしまうのか?を見ていきましょう。
まずプレモンによって頭痛やめまいそして嘔吐などを感じる場合があります。
このパターンはまったく関係のない医薬品でもよくある副作用ですよね。

そしてプレモンから起こる深刻な副作用として、乳がんや卵巣がんといったものがあります。
なぜがんの原因になってしまうのかというと、エストロゲンは過剰に摂取してその状態が続いてしまうことで生理関係のトラブルが起こりやすくなるからです。
エストロゲンが過剰な状態だと乳腺を余計に刺激することになり、乳管などが増えて体が張ってしまいます。
その結果、しこりみたいなものができてしまって痛みが出てくるようになるのです。
乳腺症は一般的にがんに進行しやすいものだといわれているので、万が一プレモンを使ってしこりを見つけるようなことがあったら注意してほしいと思います。

さらに、エストロゲンの過剰摂取は子宮筋腫ができやすくなります。
そうなると子宮内膜増殖症が起こりやすくなって、子宮内膜がんが発症する可能性を高めます。
もちろんあくまでもプレモンによるエストロゲンの過剰摂取から生じるものなので、用法用量を守ってホルモンバランスを崩さないように正しく使っていきましょう。