更年期になったら… | プレモンは優秀な女性ホルモン薬として注目を浴びています

更年期になったら…

更年期になったら…

「更年期になったら…」のフォトイメージです。

女性が悩まされてしまう症状といえば、更年期障害が定番になってくるでしょう。
更年期障害とは一体なにかというと、一定の年齢を重ねることによって生じる病気のひとつです。
女性は更年期と呼ばれる期間が45歳から55歳くらいまであり、この期間中は女性ホルモンであるエストロゲンが極端に減少していきます。
すると脳の視床下部と呼ばれる場所に存在する自律神経中枢に大きな影響をもたらします。
その結果、自律神経失調症が引き起こされてしまうわけです。
自律神経失調症になると心理的ストレスを受けやすくなり、憂鬱な状態や情緒不安定な状態になってしまうのです。
更年期障害の症状はその人の性格などにも大きく影響してくるので個人差がありますが、もし更年期障害を強く感じるようなことがあればしっかりと治療していかなければいけません。

その際によくエストロゲンを補充することができるプレモンが使用されています。
プレモンなどのホルモン補充療法をおこなうことで、1ヵ月もあれば症状を改善することができるようになるでしょう。
また社会心理的要因によって誘発される精神症状性更年期障害には基本的に精神療法と薬物療法が使われますが、精神症状についてはエストロゲンが関わっていることもあるので、その際にもプレモンが使用できます。

そしてプレモンを使ってホルモン補充療法をおこなっている人は、まったくやってない人と比べると乳がんのリスクが大幅に異なります。
その差はなんと1.4倍くらいもの差になっているので、乳がんリスクが怖い人は絶対にホルモン補充療法をしておくべきだと思います。